(生保顧客)2級FP 2015年5月 問11

問 11
WS000085
Aさんの平成26年分の所得税額の計算等に関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. ① 妻Bさんの平成26年分の合計所得金額は38万円を超えているため,Aさんは,妻Bさんを控除対象配偶者とする配偶者控除の適用を受けることができない。

    [解答解説] ×

  2. ② 長男Cさんは,Aさんと生計を一にしており,かつ,19歳以上23歳未満であるため,Aさんの控除対象扶養親族(特定扶養親族)に該当する。

    [解答解説] ◯

  3. ③ 母Dさんは,65歳以上であり,かつ,Aさんと同居し,生計を一にしているため,Aさんは,母Dさんを老人扶養親族とする扶養控除(控除額58万円)の適用を受けることができる。

    [解答解説] ×

[解答] ① × ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説