(生保顧客)2級FP 2015年9月 問3

問 3
最後に、Mさんは、Aさんに対して、老後の年金収入を増やす方法として各種制度について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

① 「小規模企業共済制度は、個人事業主または会社等の役員(小規模企業者)が、廃業や退職をした場合に必要となる資金を準備しておくための共済制度です。Aさんが当該制度に加入し、個人事業を廃業した場合に一括で受け取る共済金は、税法上、退職所得として課税の対象となります」

② 「Aさんが確定拠出年金の個人型年金に現時点から60歳に達するまで掛金を拠出した場合は、通算加入者等期間が10年以上となるため、Aさんは60歳から老齢給付金を受け取ることができます」

③ 「国民年金基金は、老齢基礎年金に上乗せする年金を支給する任意加入の年金制度です。国民年金基金の掛金の拠出限度額は月額68,000円となります。なお、小規模企業共済制度に加入している場合は、その掛金と合わせて月額68,000円が上限となります」

  1. [解答解説] ◯

  2. [解答解説] ◯

  3. [解答解説] ×

[解答] ① ◯ ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説