(生保顧客)2級FP 2016年5月 問5

問 5

次に、Mさんは、Aさんに対して、必要保障額の考え方について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「<ケース1>における必要保障額はマイナスとなるため、計算上、死亡保障は必要ないことになります。しかし、今回の計算は妻Bさんが働き続けることを前提としていますので、少しでも状況が変化すれば、必要保障額の算出結果が大きく異なる可能性があることに留意してください」

    [解答解説] ○
    ライフプランの作成で、妻Bさんに継続して働く意欲があれば盛り込むが、途中で働けなくなったときのリスクも心に留めておく必要がある。

  2. 「教育費は進路希望等により大きく変わります。特に、高校・大学と進学するにつれて高額となり、国公立と私立(文系・理系・医歯系)、自宅と下宿などの違いにより、学費等に大きな差異が生じます。教育費の概算額は、文部科学省等の統計データや各生命保険会社の資料等で確認することができますので、参考にしてください」

    [解答解説] ○
    教育費の概算は、文部科学省等の統計データや各生命保険会社の資料等で確認することができる。進路や学習環境によっては高額になるので、説明しておく必要がある。

  3. 「妻Bさんが死亡あるいはケガや病気等で働けなくなった場合、世帯収入が減少するだけでなく、それまで夫婦が行ってきた家事や育児等の労力を少なからず外部に頼ることになると思います。Aさんの生命保険の見直しと同時に、妻Bさんの加入内容も確認する必要があると思います」

    [解答解説] ○
    Aさんではなく妻Bさんが死亡すると、家事や育児をする人がいなくなるため、ベビーシッターなどに依頼する可能性もあります。

[解答] ① ◯ ② ◯ ③ ◯
[補足]

解答解説