(生保顧客)2級FP 2016年5月 問11

問 11

Aさんの平成27年分の所得税の課税に関する次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「Aさんが受け取った一時払終身保険および一時払変額個人年金保険(10年確定年金)の解約返戻金は、一時所得の収入金額として総合課税の対象になります」

    [解答解説] ○
    解約返戻金は一時金として受け取るので、一時所得であり、一時所得は総合課税である。

  2. 「長女Cさんは特定扶養親族に該当するため、Aさんは、長女Cさんについて63万円の扶養控除の適用を受けることができます」

    [解答解説] ×
    特定扶養控除は、19歳以上23歳未満の者が対象である。

  3. 「上場株式の譲渡損失の金額は、不動産所得や一時所得の金額と損益通算することができます」

    [解答解説] ×
    譲渡所得のなかでも、株式や不動産の損失は損益通算できない。

[解答] ① ◯ ② × ③ ×
[補足]

解答解説