(生保顧客)2級FP 2016年9月 問1

問 1

《設 例》
個人事業主のAさん(45歳)は、妻Bさん(44歳)とともに、飲食店を営んでいる。
Aさんは、長女Cさん(19歳)が就職したことを機に、老後の生活資金の準備について考えるようになった。
そこで、Aさんは、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
Aさんの家族構成等に関する資料は、以下のとおりである。

<Aさんの家族構成等>
Aさん(45歳) : 個人事業主。20歳から国民年金に第1号被保険者として加入しており、保険料の免除期間や未納期間はない。5年前から付加保険料を納付している。
妻Bさん(44歳) : 18歳から23歳まで厚生年金保険に加入。23歳でAさんと結婚した後は、国民年金に第1号被保険者として加入し、保険料を納付している。Aさんと同様、保険料の免除期間や未納期間はない。
長女Cさん(19歳) : 高校を卒業し、今年4月に地元の建材メーカーに就職した。Aさん夫妻と同居している。
※Aさんおよび妻Bさんは、現在および将来においても、公的年金制度における障害等級に該当する障害の状態にないものとする。
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

はじめに、Mさんは、Aさんに対して、Aさんが受給することができる公的年金の額について説明した。Mさんが、下記の〈条件〉に基づき、Aさんの老齢基礎年金の額および付加年金の額の合計額(見込額)を試算した下記の計算式の空欄①~③に入る最も適切な数値を、解答用紙に記入しなさい。

〈条件〉
・Aさんは、60歳に達するまで国民年金の保険料を納付する。
・Aさんは、60歳に達するまでに国民年金の付加保険料を240月納付する。
・Aさんは、65歳から老齢基礎年金の受給を開始するものとする。
・年金額は、平成28年度価額に基づいて計算するものとする。
・問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

〈老齢基礎年金の額(a)〉
( ① )円× 480月/480月 =( ① )円
〈付加年金の額(b)〉
( ② )円×240月=□□□円
〈合計額(a+b)〉
( ① )円+□□□円=( ③ )円

FP講座お試し版

[解答]① 780,100(円) ② 200(円) ③ 828,100(円)
[解説]
<老齢基礎年金の額(a)>
老齢基礎年金の満額は780,100円である。よって、480月すべて保険料を納付すれば満額受給となる。よって、780,100円・・・①
<付加年金の額(b)>
付加年金は、保険料を月400円納付すれば、月200円受給することができる。
よって、200円(②)×240月=48,000円
<合計額(a+b)>
780,100円+48,000円=828,100円・・・③

解答解説