問 6

最後に、Mさんは、Aさんに対して、提案を受けている生命保険の課税関係について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~ルのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

ⅰ)「支払保険料のうち、終身保険、定期保険特約および収入保障特約に係る保険料は一般の生命保険料控除の対象となり、総合医療特約等の入院・通院等に伴う給付部分に係る保険料は介護医療保険料控除の対象となります。それぞれの適用限度額は、所得税で( ① )円、住民税で( ② )円です」
ⅱ)「被保険者であるAさんが入院給付金などを請求できない特別な事情がある場合には、妻BさんがAさんに代わって請求することができます。妻Bさんが受け取る入院給付金は( ③ )となります」
ⅲ)「Aさんが死亡した場合、収入保障特約の年金額について、当該年金受給権が『定期金に関する権利の評価』に基づき評価されて相続税の課税対象となります。その後、妻Bさんが受け取る年金は、課税部分と非課税部分に振り分けられ、課税部分は( ④ )として総合課税の対象となります」

〈語句群〉
イ.25,000 ロ.28,000 ハ.35,000 ニ.40,000 ホ.50,000 へ.贈与税の課税対象 ト.相続税の課税対象 チ.非課税 リ.雑所得 ヌ.一時所得 ル.配当所得

[解答] ① ニ  ② ロ ③ チ ④ リ
[解説]
ⅰ)提案を受けている保険契約の課税関係なので、新制度の控除である。よって、所得税が40,000円(①)、住民税が25,000円(②)である。
ⅱ)身体を原因とする給付金は非課税である。
ⅲ)年金の受取なので、雑所得となる。

FP講座お試し版

解答解説

[広告]



≪問5  問7≫

2016年9月 2級FP解答解説一覧(生保顧客)

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit