(資産設計)2級FP 2017年1月 問1

問1
ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)が、ファイナンシャル・プランニング業務を行ううえでは「関連業法」を順守することが重要である。FPの行為に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)税理士資格を有していないFPが、顧客の所得税の確定申告書を作成した。

    [解答解説] ×
    不適切である。税の一般的な説明はできるが、確定申告書の作成はできない。

  2. (イ)宅地建物取引業の免許を受けていないFPが、賃貸マンションを所有する顧客から依頼され、業務の一環として、貸借の媒介を行って仲介手数料を受け取った。

    [解答解説] ×
    不適切である。媒介・仲介はできない。

  3. (ウ)保険募集人の登録をしていないFPが、顧客に変額個人年金保険の一般的な仕組みについて説明を行った。

    [解答解説] 〇
    適切である。一般的な説明であれば可能である。

  4. (エ)社会保険労務士資格を有していないFPが、顧客が持参した「ねんきん定期便」等を基に公的年金の受給見込み額を計算した。

    [解答解説] 〇
    適切である。年金の受給見込み額の計算は可能である。

[解答] (ア)× (イ)× (ウ)○ (エ)○
[補足]

解答解説