(資産設計)2級FP 2017年1月 問3

問3
各種経済指標について説明した下表の空欄(ア)、(イ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

経済指標( ア )
概要:生産、雇用などさまざまな経済活動での複数の重要な指標の動きを統合することによって、景気の現状把握および将来予測等に使用する結果を算出する。調査結果には、景気拡張の動きの各経済部門への波及度合いを測定することを主な目的としたディフュージョン・インデックス(DI)と、景気変動の大きさやテンポ(量感)を測定することを主な目的としたコンポジット・インデックス(CI)がある。
経済指標( イ )
概要:国民生活における家計収支の実態を把握し、国の経済政策・社会政策立案のための基礎資料を提供することを目的としている。2人以上の世帯の調査結果は、1世帯当たり1ヵ月間の収支金額としてまとめられ、公表される。

<語群>
1.消費動向調査 2.日銀短観 3.消費者物価指数
4.景気動向指数 5.景気ウォッチャー調査 6.家計調査

[解答] (ア)4 (イ)6
[解説]
正答以外の語群について確認しておく。
1 消費動向調査(内閣府HPより抜粋)
「消費動向調査」は、消費者の暮らし向きに関する考え方の変化や物価の見通しなどをとらえ、景気動向の把握や経済政策の企画・立案の基礎資料とすることを目的として、毎月実施している。
2 日銀短観(日銀HPより抜粋)
正式名称を「全国企業短期経済観測調査」とう。全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを目的としている。全国の約1万社の企業を対象に、四半期ごとに実施している。短観では、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目について調査している。
3 消費者物価指数(総務省HPより抜粋)
全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの。 家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指数値で示したもので、毎月作成している。
5 景気ウォッチャー調査(内閣府HPより抜粋)
地域の景気に関連の深い動きを観察できる立場にある人々の協力を得て、地域ごとの景気動向を的確かつ迅速に把握し、景気動向判断の基礎資料とすることを目的とする。調査は毎月、当月時点であり、調査期間は毎月25日から月末である。

解答解説