(資産設計)2級FP 2017年1月 問16

問16
会社員の浅井雅明さんが平成28年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、浅井さんの平成28年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、浅井さんの平成28年分の所得は給与所得520万円のみであり、浅井さんは妻および長男と生計を一にしている。また、保険金等により補てんされる金額はないものとする。

  1. 20,000円

    [解答解説] ×

  2. 28,000円

    [解答解説] ○

  3. 40,000円

    [解答解説] ×

  4. 48,000円

    [解答解説] ×

[解答] 2
[解説]
給与所得520万円なので、「520万円×5%=26万円 > 10万円 よって、10万円」を控除し、残った額が医療費控除額となる。
A歯科医院は、虫歯の治療なので対象
B病院は、生計を一にしている妻のために支出しているが、健康診断は治療目的ではないため対象外。なお、健康診断の結果、治療した場合は対象となる。
C病院は、生計を一にしている長男のために支出しており、入院なので対象となる。
D薬局は、医師の処方箋をもとに医薬品を購入しているので、対象となる。
よって、12.8万円-10万円=2.8万円

解答解説