(資産設計)2級FP 2017年1月 問18

問18
個人住民税(所得割)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 個人住民税には所得税と同様に基礎控除があり、個人住民税の基礎控除の額は所得税と同様に38万円である。

    [解答解説] ×
    不適切である。個人住民税の基礎控除は33万円である。

  2. 個人住民税は、退職所得を除く前年の総所得金額等に基づいて課税される。

    [解答解説] ○
    適切である。>個人住民税は、前年の所得に対して課税される。

  3. 平成28年9月にY市からZ市に転居した場合でも、平成28年度分の個人住民税の納付先は引き続きY市である。

    [解答解説] ○
    適切である。個人住民税は、その年の1月1日現在の住所地で判断する。

  4. 給与所得者に係る個人住民税については、原則として6月から翌年5月までの12回に分割されて毎月の給与から徴収される。

    [解答解説] ○
    適切である。給与からの天引きを特別徴収という。

[解答] 1
[補足]

解答解説