(資産設計)2級FP 2017年1月 問34

問34
結衣さんの父の明さん(59歳・会社員)は平成28年11月に20日間入院しており、退院する際に支払った保険診療分の医療費(窓口での自己負担分)が21万円であった場合、以下の<資料>に基づく高額療養費として支給される額(多数該当は考慮しない)として、正しいものはどれか。なお、明さんは全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者であり、明さんの標準報酬月額は41万円であるものとする。また、病院に「健康保険限度額適用認定証」の提示はしていないものとし、同月中に下記<資料>以外の医療費はないものとする。

  1. 41,180円

    [解答解説] ×

  2. 84,430円

    [解答解説] ×

  3. 125,570円

    [解答解説] ○

  4. 152,400円

    [解答解説] ×

[解答] 3
[解説]
標準報酬月額が41万円なので、③に該当する。
総医療費は、21万円÷0.3=70万円
80,100円+(700,000円-267,000円)×1%=84,430円・・・自己負担限度額
今回は、高額療養費として支給される額を求めることに注意する。
21万円-84,430円=125,570円

解答解説