(資産設計)2級FP 2017年1月 問39

問39
秀樹さんは、定年後も再雇用制度を利用し、引き続きWZ株式会社に勤めた場合の60歳台前半の老齢厚生年金の支給調整について、FPの井坂さんに質問をした。井坂さんの次の説明の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、秀樹さんは大学を卒業した22歳から継続して厚生年金保険および雇用保険に加入しているものとする。

「60歳台前半の老齢厚生年金を受けられる秀樹さんが、厚生年金保険の被保険者として在職しているときは、総報酬月額相当額と基本(年金)月額との合計が( ア )を超える場合に、年金の一部または全部が支給停止されます。これを在職老齢年金といいます。なお、秀樹さんの老齢厚生年金が在職老齢年金とされる月に雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金を受けることができるときは、在職老齢年金の仕組みによる支給調整( イ )。また、秀樹さんが65歳に達する前に退職し、雇用保険の基本手当を受けた場合は、基本手当を受けている間、( ウ )されます。」

<語群>
1. 28万円 2. 38万円 3. 47万円
4.に加えて、さらに老齢厚生年金が支給調整(一定額が支給停止)されます
5.以外の支給調整(一定額の支給停止)は行われません
6.60歳台前半の老齢厚生年金は全額支給停止
7.60歳台前半の老齢厚生年金の2分の1の額が支給停止

[解答] (ア)1 (イ)4 (ウ)6
[解説]
・60歳台前半は、総報酬月額相当額と基本(年金)月額との合計が28万円を超える場合に、年金の一部または全部が支給停止される。なお、60歳台後半は、47万円超である。
・雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金を受けることができるときは、在職老齢年金の仕組みによる支給調整に加えて、さらに老齢厚生年金が支給調整(一定額が支給停止)される。
・雇用保険の基本手当を受けている間、60歳台前半の老齢厚生年金は全額支給停止される。

解答解説