(資産設計)2級FP 2014年5月 問7

問 7
住宅の購入を検討している井上さんは、不動産に関する登記記録の取得方法や記載内容について、FPで司法書士でもある成田さんに質問した。下記の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

井上さん「登記記録の種類や取得方法、記載内容等について教えていただけますか?」
成田さん「登記記録に記録された事項の全部または一部を証明した書面を( ア )といいます。これは従来の登記簿謄抄本に当たるものです。」
井上さん「( ア )を取得することができるのは誰ですか?」
成田さん「( イ )、登記所などにおいて手数料を負担して交付を請求することができます。」
井上さん「登記記録は、表題部と権利部に区分されているのですよね?」
成田さん「はい。権利部はさらに甲区と乙区で構成されており、甲区には所有権の移転登記のほか、( ウ )等が記載されます。」

1.(ア)登記事項証明書 (イ)誰でも (ウ)差押え
2.(ア)登記事項証明書 (イ)権利関係者に限り (ウ)抵当権
3.(ア)登記事項要約書 (イ)誰でも (ウ)抵当権
4.(ア)登記事項要約書 (イ)権利関係者に限り (ウ)差押え

[解答] 1
[補足]

解答解説