(資産設計)2級FP 2014年5月 問19

問 19

民法の規定に基づく遺留分に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととする。

・ 遺留分とは、相続において、被相続人にかかわる一定の財産のうち、一定の相続人が承継を保障されている一定割合をいう。
・ 遺留分権利者は、配偶者、子および子の代襲相続人、直系尊属のみで、兄弟姉妹には遺留分の権利はない。遺留分の割合は、相続人が直系尊属のみの場合は被相続人の財産の( ア )、その他の場合は( イ )である。
・ 遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が相続の開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときから( ウ )以内、あるいは相続の開始のときから( エ )を経過する前に行使しなければならない。

<語群>
1. 2分の1 2. 3分の1 3. 4分の1 4. 8分の1
5. 3ヵ月 6. 1年 7. 7年 8. 10年

[解答] (ア)2 (イ)1 (ウ)6 (エ)8
[補足]

解答解説