(資産設計)2級FP 2014年5月 問37

問 37
純一さんは、平成25年中にQY証券会社において行った国内の上場株式の取引により150万円の譲渡損失を負い、上場株式等に係る譲渡損失の損益通算および繰越控除の適用を受けるための手続きを適正に行っている。純一さんの平成26年中の上場株式等の取引状況が下記<資料>のとおりであるものとした場合、平成26年分の所得税の計算において、繰り越された上場株式の譲渡損失の金額150万円と損益通算できる金額(上限)として、正しいものはどれか。なお、QY証券会社およびQZ証券会社は共に日本国内の証券会社であり、取引はすべて特定口座で行われたものとする。

<資料>
[QY証券会社における取引]
・ 国内の上場株式の譲渡所得 100万円
・ 国内公募株式投資信託からの元本払戻金(特別分配金) 10万円
[QZ証券会社における取引]
・ 国内の上場株式からの配当金 20万円
※申告分離課税を選択している。

1. 100万円
2. 110万円
3. 120万円
4. 130万円

[解答] 3
[補足]

解答解説