(資産設計)2級FP 2014年5月 問38

問 38
国民年金の第1号被保険者の幸恵さんは、老齢基礎年金の受給資格期間は満たしているが、20歳から7年間、国民年金保険料の未納期間がある。このため、60歳になるまで国民年金保険料の納付を続けても満額の老齢基礎年金を受けることができないので、FPの安藤さんに年金額を増やす方法について相談した。幸恵さんの老齢年金に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。

<安藤さんの説明>
「幸恵さんが老齢年金の額を増やすためには、下記の方法などが考えられます。」
・ 60歳から( ア )歳になるまでの間、国民年金に任意加入をする。
・ 国民年金保険料に加えて付加保険料を納付し、付加年金を受給する。
→ 付加年金の受給額=( イ )円×付加保険料納付月数
・ 老齢基礎年金を繰り下げて受給する。
→ 繰下げ受給増額率=( ウ )%×繰り下げた月数

<語群>
0.5 0.7 0.9 65 67 70
200 300 400

[解答] (ア)65(歳) (イ)200(円) (ウ)0.7(%)

[補足]

解答解説