(資産設計)2級FP 2014年9月 問14

問 14
地震保険に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
・ 地震保険の保険金額は、居住用建物ならびに家財ごとに火災保険の保険金額の( ア )の範囲で設定するが、建物は5,000万円、家財は( イ )円が上限となる。
・ 支払われる保険金は、保険の対象である建物・家財の損害に応じて、全損の場合は保険金額の100%、半損の場合は保険金額の50%、一部損の場合は保険金額の( ウ )となる。ただし、いずれも時価を上限とする。
・ 地震による地盤の液状化で住宅が傾いた場合は、補償の対象と( エ )。

1.(ア)30%~50% (イ)1,000万 (ウ)5% (エ)なる
2.(ア)50%~80% (イ)1,000万 (ウ)10% (エ)ならない
3.(ア)50%~80% (イ)2,500万 (ウ)10% (エ)なる
4.(ア)30%~50% (イ)2,500万 (ウ)5% (エ)ならない

[解答] 1
[補足]

解答解説