(資産設計)2級FP 2014年9月 問17

問 17
個人住民税(所得割)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.給与所得者の納付方法は、毎月の給与から個人住民税が徴収される普通徴収という方法である。
2.平成25年分の所得税額で控除しきれなかった住宅借入金等特別控除額は、個人住民税額から一切控除することはできない。
3.個人住民税は所得に応じて税率が変化する累進税率である。
4.個人住民税の基礎控除の額は、所得税の基礎控除の額と異なり33万円である。

[解答] 4
[補足]

解答解説