(資産設計)2級FP 2014年9月 問33

問 33
幸恵さんは、30年間勤めてきた会社をまもなく退職する父の功一さん(63歳)の今後の公的医療保険について、FPの谷口さんに相談した。下記<資料>に係る退職後の公的医療保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、功一さんは現在、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者である。

WS000241
1.再就職をしないで①を選択する場合、加入の申出は退職日の翌日(資格喪失日)から10日以内に行う必要がある。
2.再就職をしないで②を選択する場合、一定の年収要件等を満たしていれば、原則として70歳に達するまで被扶養者とされる。
3.再就職をしないで③を選択する場合、保険料は退職時(資格喪失時)の標準報酬月額に保険料率を乗じて算出される。
4.再就職をしないで①~③のいずれを選択しても、医療費の自己負担割合は、原則として70歳に達するまで3割である。

[解答] 4
[補足]

解答解説