(資産設計)2級FP 2015年5月 問2

問2
ファイナンシャル・プランニング・プロセスの順序に従い、次の(ア)~(カ)を6つのステップの順番に並べ替えたとき、その中で4番目(ステップ4)となるものとして、最も適切なものはどれか。その記号を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)面談やヒアリングシートから、顧客や家族の情報、財政的な情報を確認する。
  2. (イ)顧客が実際に行う不動産の売却や金融商品購入等の実行支援を行う。
  3. (ウ)ファイナンシャル・プランニングで行うサービス内容、費用等について説明を行う。
  4. (エ)キャッシュフロー表などを作成して、顧客の財政状況の予測等を行う。
  5. (オ)顧客の目標を達成するためのプランを検討し、顧客への提案を行う。
  6. (カ)顧客の家族構成などの環境の変化等に応じて、定期的にプランの見直しを行う。

[解答] (オ)
[解説]
<FPプロセスの6ステップ> ※日本FP協会HPより
STEP1 顧客との関係確立とその明確化(ウ)
関連するプロセス
1-1
ファイナンシャル・プランニングとファイナンシャル・プランニング専門家の力量に関する情報の提供
1-2
顧客ニーズに対するファイナンシャル・プランニング専門家の適合性の判断
1-3
業務契約の範囲と判断
STEP2 顧客データの収集と目標の明確化(ア)
関連するプロセス
2-1
顧客のファイナンス上の目的、ニーズ及び優先事項の明確化
2-2
定量的な情報と資料の収集
2-3
定性的な情報の収集
STEP3 顧客のファイナンス状態の分析と評価(エ)
関連するプロセス
3-1
顧客情報の分析
3-2
顧客の目的、ニーズ及び優先事項の評価
STEP4 プランの検討・作成と提示(オ)
関連するプロセス
4-1
ファイナンシャル・プランニングの戦略の明確化と評価
4-2
ファイナンシャル・プランの作成
4-3
ファイナンシャル・プランの提示
STEP5 プランの実行援助(イ)
関連するプロセス
5-1
プラン実行の責任範囲に関する合意
5-2
プラン実行のための商品及びサービスの明確化と評価
STEP6 プランの定期的見直し(カ)
関連するプロセス
6-1
顧客状況の見直しの責任範囲及び条件に関する合意
6-2
顧客状況の見直しと再評価

(ウ)→(ア)→(エ)→(オ)→(イ)→(カ)

解答解説