(資産設計)2級FP 2015年5月 問3

問3
下記<資料>は、MX銀行が行っている円定期預金と投資信託をセットにしたキャンペーン広告(抜粋)である。佐野さんがこのキャンペーンを利用し、購入時手数料(税込み)3.24%の公募株式投資信託を50万円分購入し、併せて円定期預金を50万円分預け入れた場合に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、円定期預金の受取利息の計算に当たっては、3ヵ月は90日とし、復興特別所得税は考慮せず、計算過程で円未満を切り捨てること。

20150503shisan-1

  1. このキャンペーンを利用すると、100万円が預金保険制度の対象になる。
  2. MMF(マネー・マネージメント・ファンド)は、このキャンペーンの対象になる。
  3. 円定期預金の満期時の税引後の受取利息は、20,000円である。
  4. 公募株式投資信託の購入時手数料(税込み)は、16,200円である。

[解答] 4
[解説]
1 預金保険制度の対象は、定期預金部分のみである。
2 MMFは公社債やCPなどで運用する公社債投資信託である。よって、株式を組み入れる公募株式投資信託の対象外となる。
3 金利は3ヵ月満期であることに注意。50万円×0.04×90/365=4,931.5・・・円
4 50万円×0.0324=16,200円

解答解説