(資産設計)2級FP 2015年5月 問14

問14
地震保険に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)地震保険の補償の対象は、地震・噴火またはそれによる津波を原因とする損壊、火災、流出による損害で、地震に伴う液状化による建物の損害も含まれる。
  2. (イ)地震保険の保険料は、建物の所在地や構造によって異なる。
  3. (ウ)地震保険の保険金額の限度額は、居住用建物、家財ともに5,000万円である。

[解答] (ア)○ (イ)○ (ウ)×
[解説]
(ア)正しい。
(イ)正しい。地域によって、地震発生確率が異なる。また、地震に強い建物ほど保険料は安くなる。
(ウ)居住用建物5,000万円、家財は1,000万円である。

解答解説