[vc_row][vc_column][vc_column_text]
問15
湯本さん(53歳)は、平成26年2月に個人で飲食店の経営を始めた自営業者(青色申告者)であり、平成27年2月に初めて確定申告を行っている。平成26年分の湯本さんの飲食店の売上高等が下記<資料>のとおりである場合、湯本さんの平成26年分の所得税における事業所得に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。
20150515shisan-1

  1. (ア)湯本さんの妻に対する青色事業専従者給与(3,600,000円)は、事業所得を計算する際、必要経費(4,320,000円)とは別に売上高から控除することができるが、確定申告をする際、配偶者控除の適用は受けることができない。
  2. (イ)湯本さんが、飲食店経営のために平成26年中に購入して事業の用に供した500,000円の厨房機器についての減価償却費は、必要経費(4,320,000円)に含まれる。
  3. (ウ)事業所得の計算の基になった現金出納帳や請求書などの資料は、確定申告が終わったらすぐに処分してもよい。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row min_height=”300px”][vc_column]

何度でも繰り返し解ける 月額300円(税抜)からの

e-ラーニングFP講座

1ヵ月300円(税抜)で全ての2級FPコースを受講できる

新規登録してみる

[/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]問15 解答
(ア)○
(イ)○
(ウ)×
[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]問15 解説
(ア)正しい。青色事業専従者給与として控除する場合、配偶者控除は使えない。
(イ)正しい。
(ウ)7年間の保管義務がある。
[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit