(資産設計)2級FP 2015年5月 問16

問16
三上さん(69歳)は、平成26年中に年金と生命保険の満期保険金を受け取った。下表に基づく三上さんの平成26年分の総所得金額およびその計算式として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

20150516shisan-1

  1. 320万円+(280万-180万円-50万円)×1/2=345万円
  2. (320万円-120万円)+(280万円-180万円)=300万円
  3. (320万円-120万円)+(280万円-180万円)×1/2=250万円
  4. (320万円-120万円)+(280万円-180万円-50万円)×1/2=225万円

[解答] 4
[解説]
<年金(雑所得)>
320万円-120万円=200万円
<満期保険金(一時所得)>
※契約者と受取人が同じなので、所得税(一時所得)の課税対象となる。
280万円-180万円-50万円=50万円
一時所得は総所得に算入するときに2分の1する。
<総所得金額>
200万円+50万円×1/2=225万円

解答解説