[vc_row][vc_column][vc_column_text]
問17
下記<資料>に基づき、浅田貴史さんの平成26年分の所得税を計算する際の所得控除に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。
20150517shisan-1

  1. (ア)妻の明美さんは、控除対象配偶者として、配偶者控除の対象となる。
  2. (イ)長男の義和さんは、特定扶養親族として、扶養控除の対象となる。
  3. (ウ)長女の明子さんは、一般の扶養親族として、扶養控除の対象となる。
  4. (エ)父の和平さんは、同居老親等の老人扶養親族として、扶養控除の対象となる。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row min_height=”300px”][vc_column]

何度でも繰り返し解ける 月額300円(税抜)からの

e-ラーニングFP講座

1ヵ月300円(税抜)で全ての2級FPコースを受講できる

新規登録してみる

[/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]

問17 解答

  1. (ア)○
  2. (イ)○
  3. (ウ)×
  4. (エ)○

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]
問17 解説

  1. (ア)明美さんは、収入がないため、配偶者控除の対象となる。
    <配偶者控除の主な要件>
    ・納税者と生計を一にしていること
    ・配偶者の合計所得金額が38万円以下であること
    ※38万円の控除となる。
  2. (イ)義和さんは、20歳で収入が収入75万円(所得金額0円)なので、特定扶養親族に該当する。
    <特定扶養親族の主な要件>
    ・納税者と生計を一にしていること
    ・19歳~22歳
    ・合計所得金額が38万円以下であること
    ※63万円の控除となる。
  3. (ウ)明子さんは、15歳なので、対象外となる。
    <扶養控除>
    ・納税者と生計を一にしていること
    ・合計所得金額が38万円以下であること
    ※15歳未満は子ども手当があるため、控除がない。
  4. (エ)和平さんは、79歳で、収入114万円(所得金額0円)なので、同居老親等の老人扶養親族に該当する。
    <公的年金等控除(雑所得)>
    ・65歳未満は70万円、65歳以上は120万円の控除(最低額)がある。つまり、年金収入が70万円(120万円)未満であれば、基礎控除を引くことなく所得金額は0となる。
    ※また、上記の金額に基礎控除を足した、108万円(158万円)未満であれば、所得金額は0となる。

([/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit