(資産設計)2級FP 2015年5月 問30

問30
WS000132
問30 FPの香川さんは、住宅ローンの繰上げ返済について富士雄さんから質問を受け、イメージ図を使ってその仕組みを説明した。富士雄さんの住宅ローンの一部を「期間短縮型」で繰上げ返済した場合のイメージ図として、最も適切なものはどれか。なお、繰上げ返済は元金部分に充当するものとし、図の網掛け部分WS000138は繰上げ返済する元金部分を、網掛け部分WS000139は軽減される利息部分をそれぞれ表示している。

WS000140

[解答]  2
[解説]
期間短縮型は、繰り上げ返済資金を元金にあて、その元金にあたる利息分を軽減することができる返済タイプ。返済期間を短縮するので、2か4となる。なお、1と3は返済額軽減である。
次に2と3が元利均等返済、1と4が元金均等返済となる。[住宅ローン]に元利均等返済とある。

解答解説