(資産設計)2級FP 2015年5月 問33

問33
WS000132
秋江さんは、富士雄さんが万一死亡した場合の公的年金の遺族給付について、FPの香川さんに質問 をした。仮に、富士雄さんが在職中の現時点(45歳)で死亡した場合、富士雄さんの死亡時点におい て秋江さんが受給できる公的年金の遺族給付の額として、正しいものはどれか。なお、富士雄さんは大学卒業後の22歳から死亡時まで継続して厚生年金保険に加入しているものとし、記載以外の遺族給付 の受給要件はすべて満たしているものとする。また、遺族給付の額の計算に当たっては、下記<資料> の金額を使用することとする。

WS000134

  1. 1,179,700円
  2. 1,372,800円
  3. 1,595,200円
  4. 1,952,500円

[解答]  3
[解説]
まず、遺族基礎年金は、18歳到達時の最初の年度末前の子がいること。早苗さんがいるので、遺族基礎年金と子の1人当たりの加算額を加える。また、中高齢寡婦加算は、遺族基礎年金の支給が停止されることが条件の一つなので、支給されない。よって、
遺族厚生年金 600,000円+遺族基礎年金 772,800円+子の加算額 222,400円=1,595,200円

解答解説