[vc_row][vc_column][vc_column_text]第10問
WS000125
WS000124

問37

和男さんの父の誠二さんは、財産の一部を孫の恵美さんと裕一さんに遺贈するために自筆証書遺言を 作成することを検討している。これに関するFPの杉野さんの次の説明の空欄(ア)、(イ)に入る適切な数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。なお、相続の放棄はないものとする。

WS000128

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row min_height=”300px”][vc_column]

何度でも繰り返し解ける 月額300円(税抜)からの

e-ラーニングFP講座

1ヵ月300円(税抜)で全ての2級FPコースを受講できる

新規登録してみる

[/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]問37 解答

(ア)1/8 (イ)3/8

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]問37 解説

まず、法定相続分を考えると、配偶者がすでに亡くなっているため、子で均等に分けることになる。

和夫が4分の1、規夫が4分の1(代襲相続で恵美が8分の1、裕一が8分の1)、彰男が4分の1、美由紀が4分の1となる。

また、遺留分は直系尊属以外は法定相続分の2分の1なので、1/4✕1/2=1/8、合計で8分の3となる。

([/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit