(資産設計)2級FP 2015年9月 問14

問14 土地や建物の譲渡に係る所得税の計算に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

  • (ア)土地や建物の譲渡所得については、給与所得などと合算せず、分離して課税する分離課税制度が採用されている。
  • (イ)土地や建物の譲渡所得金額を計算する際は、所有期間によって長期譲渡所得と短期譲渡所得に分けられ、譲渡した年の1月1日現在での所有期間が10年を超えたときから長期譲渡所得となる。
  • (ウ)居住していたマイホームを譲渡した場合、所定の要件を満たせば最高1,000万円までの特別控除を受けることができる。

[解答] (ア)○ (イ)× (ウ)×
[解説]
(ア)譲渡所得は総合所得だが、土地や建物、株式の譲渡所得は分離課税である。
(イ)10年ではなく、5年である。
(ウ)特別控除は3,000万円である。

解答解説