(資産設計)2級FP 2015年9月 問17

問17 個人住民税に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 個人住民税の所得割は、前年分の所得金額をもとに課税される。
  2. 個人住民税にも所得税と同様に基礎控除があり、個人住民税の基礎控除の額は33万円である。
  3. 所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けて、所得税額から控除しきれなかった額がある場合には、一定の金額を限度として翌年度の個人住民税額から控除することができる。
  4. 給与所得者については、「給与支払報告書」の提出により個人住民税が計算され、4月から翌年3月までの12回に分割され、毎月の給与から徴収される。

[解答] 4
[解説]
正しい。所得税とは違い、個人住民税は前年分の所得に対して課税される。
正しい。所得税の基礎控除は38万円だが、個人住民税は33万円である。
正しい。
課税対象期間は、6月から翌年5月である。

解答解説