[vc_row][vc_column][vc_column_text]問21 相続財産から控除できる債務等に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

  • (ア)被相続人が死亡したときにあった借入金などの債務で確実と認められるものについては、相続財産から控除することができる。
  • (イ)葬式などの前後の出費で、通常葬式費用として欠かせないお通夜などにかかった費用については、葬式費用として相続財産から控除することができる。
  • (ウ)香典返しのためにかかった費用については、葬式費用として相続財産から控除することができる。
  • (エ)一周忌の法要のためにかかった費用については、葬式費用として相続財産から控除することができる。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row min_height=”300px”][vc_column]

何度でも繰り返し解ける 月額300円(税抜)からの

e-ラーニングFP講座

1ヵ月300円(税抜)で全ての2級FPコースを受講できる

新規登録してみる

[/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]問21 解答
(ア)○ (イ)○ (ウ)× (エ)×
[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]問21 解説
(ア)借入金などの債務は控除できる。
(イ)お通夜の費用をはじめ、告別式や火葬費用は控除できる。
(ウ)香典返しをはじめ、墓地や仏壇の購入費は控除できない。
(エ)初七日や四十九日あどの法要費用は控除できない。
([/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space height=”40px”][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit