(資産設計)2級FP 2016年1月 問3

問 3
下記<資料>に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。なお、解答に当たっては、下記<資料>の掲載銘柄の権利落ち(配当落ち・新株落ち)はないものとする。
※資料、省略

  1. (ア)「極洋」と「日水」の株式を、それぞれ6月19日の終値で1単元ずつ購入する場合、約定代金は「極洋」の方が高い。

    [解答解説] ○
    「株式欄の見方」の【売買単位】を見る。すると、A~Eのアルファベットを基本として記号が振られているとわかる。日水はAであるのに対し、極洋の前にはA~Eの記号はない。よって、極洋は1単元1000株、日水は1単元100株となる。終値より、極洋は290×1000、日水は350×100なので、極洋の方が約定代金は高い。

  2. (イ)「マルハニチロ」の株価について、年初来の最高値は2,014円である。

    [解答解説] ○
    「株式欄の見方」の一番下、(注)を見ると、白抜き数字は年初来の最高値または最安値だとわかる。始値、終値ともに白抜き数値より低いため、年初来の最高値となる。

  3. (ウ)「サカタタネ」の6月19日に売買が成立した株式数は、181,800株である。

    [解答解説] ○
    【売買高】の欄に1000株とあることから、181.8×1000=181,800株となる。

  4. (エ)「ホクト」の6月19日の始値は、前営業日の終値に比べて18円高く寄り付いた。

    [解答解説] ×
    【前日比】は、前日の終値と比較した数値である。「前日の終値=本日の始値」になるとは限らない。例えば、前日の取引終了後、該当企業が新技術の発表をすれば、翌日は始値から値上がりし、値がつなかいこともある(株保有者が売ろうとはしないため)。

[解答](ア)◯ (イ)◯ (ウ)◯ (エ)×
[補足]

解答解説