問 4
下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、手数料および税金は考慮しないものとする。
※資料省略

  • この企業の株式を2014年2月7日に1単元(1単位)購入し、2015年8月20日に売却した場合、所有期間に係る配当金(税引前)は( ア )である。
  • 2015年3月期の連結決算に係る上期(2014年4月~2014年9月)と下期(2014年10月~2015年3月)の1株当たりの利益を比較した場合、( イ )の利益が多い。
  1. (ア)2,600円 (イ)上期

    [解答解説] ×

  2. (ア)2,600円 (イ)下期

    [解答解説] ○

  3. (ア)3,200円 (イ)上期

    [解答解説] ×

  4. (ア)3,200円 (イ)下期

    [解答解説] ×

[解答] 2
[解説]
(ア)配当金は、真ん中下の【配当】欄を見る。2014年2月7日に1単元購入し、2015年8月20日に売却しているため、14.3(6円)、14.9(8円)、15.3(12円)の合計26円となる。この金額は、1株あたりで、この株式は、真ん中より向かって左の【株式】欄に「単位100株」とあることから、26×100=2600円となる。なお、配当金は権利確定日に株を保有していれば受け取ることが、約定日から4営業日目が受渡日となるため、2月7日であれば、3月の配当金を受け取ることができる。
(イ)【業績】欄を見る。「連」は連結決算、「中」は中間決算、会は「会社予想」となる。「連15.3」は、問われている2014年4月~2015年3月の業績だが、上下期で分かれていない。「中」が14.9とあることからも「中間決算では?」(知っているに越したことはないが)と推測し、1株益が46.5円(上期)だとわかる。年間実績が98.5円なので、98.5-46.5=52.0円(下期)となる。よって、下期の方が利益が多い。

解答解説

≪問3  問5≫

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit