(資産設計)2級FP 2016年1月 問21

問 21
香川孝太さん(38歳)は、父(69歳)と母(65歳)から下記<資料>の贈与を受けた。孝太さんの平成27年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、父からの贈与については、平成26年から相続時精算課税制度の適用を受けている(適用要件は満たしている)。

WS000215

  1. 680,000円

    [解答解説] ×

  2. 790,000円

    [解答解説] ○

  3. 820,000円

    [解答解説] ×

  4. 950,000円

    [解答解説] ×

[解答] 2
[解説]
<相続時精算課税制度>
・制度を利用するかどうかを、贈与者ごとに選択できる。⇒この設問では、父からの贈与のみ適用。母からは基礎控除となる。
・2,500万円まで非課税(相続時に加算)。超えた分は一律20%課税。
・2,500万円の範囲内なら、年度をまたいで利用することができる。
<解説>
・父からの贈与分
 平成26年度 1,000万円-1,000万円=0円(残り1,500万円)
 平成27年度 1,800万円-1,500万円=300万円
 よって、300万円×20%=60万円
・母からの贈与分
 速算表(イ)より、
 300万円-110万円=190万円
 190万円×0.1=19万円
よって、79万円となる。

解答解説