(資産設計)2級FP 2016年1月 問28

問 28
WS000229
WS000230
竜太郎さんは、現在借りている住宅ローンを別の条件の住宅ローンに借り換えることを検討しており、FPの山田さんに相談をした。住宅ローンの借換えに関する山田さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「住宅ローンをより低い金利のものに借り換えることで以後の毎月の返済額を軽減でき、家計の収支を改善できるメリットがあります。」

    [解答解説] ○
    金利が低くなれば、支払利息が減るため、毎月の返済額を軽減でき、家計の収支を改善できる可能性がある。

  2. 「住宅ローンを借り換える場合、登記費用や保証料、金融機関の手数料といった諸費用がかかることを見込んでおく必要があります。」

    [解答解説] ○
    借り換えにより毎月の返済額を軽減できる可能性はあるが、借り換え時に支出額が増えるため、総合的に考える必要がある。

  3. 「民間の金融機関の住宅ローンに借り換える場合、現在の住宅ローンを組む際に契約した火災保険Cを借換え後も継続できるので、新たに火災保険に入り直す必要はありません。」

    [解答解説] ○
    住宅ローンを借り換えると、火災保険が消滅し、新たに契約を結ばなければならないわけではない。

  4. 「民間の金融機関の住宅ローンに借り換える場合、現在の住宅ローンを組む際に契約した団体信用生命保険を借換え後も継続できるので、新たに団体信用生命保険に入り直す必要はありません。」

    [解答解説] ×
    団体信用生命保険は、住宅ローンの残高に合わせて変動しているため、借り換えにより消滅する。そのため、団信の加入が住宅ローン借り入れの条件となっている金融機関の場合、健康状態によっては団信に加入できず、住宅ローンが組めない場合があるので注意が必要である。

[解答] 4
[補足]

解答解説