(資産設計)2級FP 2016年1月 問30

問 30
竜太郎さんは、夏子さんの医療保険Bに付帯されている先進医療特約について、FPの山田さんに質問をした。山田さんが説明した先進医療に係る費用に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)先進医療を受けた場合、通常の治療と共通する基礎的部分の費用は、公的医療保険の保険給付の対象である。

    [解答解説] ○
    基礎的部分の費用は、公的医療保険の保険給付の対象で、高額療養費制度の対象でもある。

  2. (イ)先進医療を受けた場合、通常の治療と共通する基礎的部分以外の費用は、高額療養費制度の対象外である。

    [解答解説] ○
    基礎的部分以外の費用は、差額ベッド代・食費などと同様、公的医療保険の保険給付や高額療養費制度の対象外となる。

  3. (ウ)先進医療を受けた場合、通常の治療と共通する基礎的部分以外の費用は、所得税の医療費控除の対象外である。

    [解答解説] ×
    基礎的部分以外の費用も、基礎的部分の費用と同様、所得税の医療費控除の対象となる。

[解答](ア)○ (イ)○ (ウ)×

[解説]
1「先進医療に係る費用」は、患者が全額自己負担することになる。「先進医療に係る費用」は、医療の種類や病院によって異なる。
2「先進医療に係る費用」以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)の費用は、一般の保険診療と同様に扱われる。
※領収書は、税金の医療費控除を受ける場合に必要となるので、大切に保管する。
(厚生労働省HPより)

解答解説