(資産設計)2級FP 2016年1月 問32

問 32
竜太郎さんは、健康保険料(一般保険料)について再確認したいと思い、FPの山田さんに質問をした。竜太郎さんの健康保険料等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、竜太郎さんは全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者である。また、健康保険料(一般保険料)の計算に当たっては、下記<資料>に基づくこととする。
WS000233

  1. 毎月の給与に係る健康保険料(一般保険料)のうち、竜太郎さんの負担分は26,500円である。

    [解答解説] ○
    標準報酬月額の10.00%が一般保険料率であると読み取れるが、10.00%は労使合計とあるので、5%が負担分となる。よって、530,000円×0.05=26,500円となる。

  2. 1回の賞与に係る健康保険料(一般保険料)のうち、竜太郎さんの負担分は48,000円である。

    [解答解説] ×
    厚生年金保険と同様、健康保険も平成15年4月から総報酬制となっている。年3回以下の賞与は、標準報酬月額に算入されず、標準賞与額に算入される。この設問では、給与と同様、標準賞与額に5%をかけて求める。1,200,000×0.05=60,000円

  3. 竜太郎さんは、健康保険料(一般保険料)と介護保険料を合わせて納めている。

    [解答解説] ○
    第2号被保険者は、健康保険料と併せて給与から徴収される。なお、第1号被保険者は年金月額15,000円以上だと受け取り時に差し引かれるが、15,000円未満の場合個別に納める。

  4. 協会けんぽの保険料率(一般保険料率)は、都道府県ごとに設定されている。

    [解答解説] ○
    都道府県ごとに設定されている。

[解答] 2
[補足]

解答解説