(資産設計)2級FP 2016年5月 問38

問 38

芳恵さんの妹の麻里さん(46歳)は会社員であったが、勤務していた事業所の廃止に伴い平成28年4月末日をもって離職を余儀なくされ、現在は求職活動中である。麻里さんに支給される雇用保険の基本手当に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、麻里さんは離職したTI社に37歳から勤務し、継続して雇用保険に加入しており、雇用保険の基本手当の受給要件はすべて満たしているものとする。また、麻里さんには、このほかに雇用保険の加入期間はなく、障害者等の就職困難者には該当しないものとし、個別延長給付については考慮しないものとする。
WS000373

  1. (ア)90日 (イ)1年 (ウ)待期期間および給付制限期間

    [解答解説] ×

  2. (ア)240日 (イ)1年6ヵ月 (ウ)待期期間および給付制限期間

    [解答解説] ×

  3. (ア)240日 (イ)1年 (ウ)待期期間

    [解答解説] ○

  4. (ア)90日 (イ)1年6ヵ月 (ウ)待期期間

    [解答解説] ×

[解答] 3
[解説]
(ア)自己都合退職ではないので、所定給付日数は「長い」とわかる。自己都合の場合、20年以上務めていたとしても150日の給付日数しかない。日数を正確に覚えておく必要はないが、日数は確認しておくこと。
(イ)受給期間は、離職日の翌日から1年である。
(ウ)待期期間は理由による違いはなく、7日ある。自己都合の場合は、給付制限3ヵ月がさらにある。

解答解説