(資産設計)2級FP 2016年5月 問39

問 39

芳恵さんは、確定拠出年金に関する新聞記事を読み、個人型確定拠出年金に関心をもった。個人型確定拠出年金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 将来の給付額は、掛金や加入期間に基づいて、あらかじめ決定されている。

    [解答解説] ×
    給付額が決まっているのは確定給付年金である。

  2. 掛金は、所得税の計算上、その全額が生命保険料控除の対象となる。

    [解答解説] ×
    小規模企業共済等掛金控除の対象である。そのため、掛金全額が控除の対象となる。

  3. 老齢給付金を一時金として受け取る場合、所得金額の計算においては、公的年金等控除額を差し引くことができる。

    [解答解説] ×
    一時金で受け取る場合は一時所得に該当するため、雑所得の公的年金等控除は使えない。

  4. 積み立てた資産は、原則として、60歳に達するまで任意に引き出すことはできない。
    適切である。

    [解答解説] ○

[解答] 4
[補足]

解答解説