問 1
ファイナンシャル・プランナーには執筆や講演などの業務もあり、著作権について正しい理解が必要である。著作権法に基づく著作権の保護に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)政府が集計、公表した統計資料を転載する場合、原則として担当省庁の許諾は不要である。

    [解答解説] ○
    公的機関が公表している資料の転載やコピーは、原則、承諾不要である。

  2. (イ)新聞記事をコピーし、生活者向け講演会の資料として配布する場合は、当該新聞社の許諾が必要である。

    [解答解説] ○
    新聞記事のコピーには、新聞社の承諾が必要である。

  3. (ウ)公表された他者の著作物を自分の著作物に引用する場合、内容的に引用部分が「主」で自ら作成する部分が「従」であるような主従関係がなければならない。

    [解答解説] ×
    「主」「従」が逆である。自ら作成する部分が「主」で、引用部分が「従」である主従関係が必要である。

[解答] ① ◯ ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説

≪最初  問2≫

2016年9月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit