(資産設計)2級FP 2016年9月 問13

問 13
下記の生命保険契約について、保険金・給付金が支払われた場合の課税に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととする。

・契約Aについて、契約から5年を超えた時点で解約し、夫が受け取った解約返戻金は( ア )となる。
・契約Bについて、妻が受け取った年金は( イ )となる。
・契約Cについて、夫が受け取った入院給付金は( ウ )となる。

<語群>
1.相続税の課税対象   2.贈与税の課税対象
3.一時所得として所得税の課税対象   4.雑所得として所得税の課税対象
5.源泉分離課税により所得税の課税対象   6.非課税

[解答] (ア)3 (イ)4 (ウ)6
[解説]
(ア)夫が保険料を負担し、夫が受け取るので、一時所得となる。なお、一時払終身保険は5年以下の解約であっても金融類似商品の扱いとはならない。
(イ)(ア)とは異なり、年金形式で受け取るため、雑所得となる。
(ウ)身体に関する給付金は非課税扱いである。

解答解説