(資産設計)2級FP 2016年9月 問14

問 14
自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

(ア)死亡による損害に対する被害者1人当たりの保険金の支払限度額は3,000万円である。
(イ)傷害による損害に対する被害者1人当たりの保険金の支払限度額は150万円である。
(ウ)事故の被害者が保険会社に保険金を直接請求することはできない。
(エ)自動車のほか、原動機付き自転車も、自賠責保険への加入が義務付けられている。

[解答] (ア)○ (イ)× (ウ)× (エ)○
[解説]
(ア)死亡事故の場合は、1人当たり3,000万円が支払限度額である。
(イ)傷害事故の場合は、1人当たり120万円が支払限度額である。
(ウ)保険金の請求は被害者が行うこともできる。
(エ)原動機付自転車も自賠責保険の加入義務がある。

解答解説