問 15
細井さんはアパートを事業的規模で賃貸している青色申告者である。下記<資料>に基づき細井さんが平成27年分の確定申告をする際の不動産所得の計算方法に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

(ア)礼金として受け取った320,000円は家賃ではないが、総収入金額に算入する必要がある。
(イ)敷金を返還した場合、預かっていたものを返還しただけではあるが、支出をしているので必要経費に算入することができる。
(ウ)アパートローンの返済額は、元本部分と利息部分のいずれも必要経費に算入することができる。
(エ)適正な帳簿を付けているなど一定の要件を満たせば、最高65万円の青色申告特別控除を受けることができる。

[解答] (ア)○ (イ)× (ウ)× (エ)○
[解説]
(ア)「返還を要しない」とあることから、総収入金額に算入する必要がある。
(イ)「全額を返還する」とあることから、収入や支出として計上しない。
(ウ)ローンのうち、元本部分は必要経費に算入することはできない。
(エ)不動産所得は、一定の条件を満たせば、最高65万円の青色申告特別控除の対象となる。

解答解説

≪問14  問16≫

2016年9月 2級FP解答解説一覧

【最 新】
2級・3級FP
過去問解説
無料公開中

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

・FP技能士検定の問題は、きんざい及び日本FP協会実施の問題を利用しております。
・解説につきましては、FP試験研究所がオリジナルで作成又は依頼したものです。
・ツイッターでフォローしていただければ早くご覧いただくことができます。
・各問題に対するご質問を受け付けております。もう少し解説がほしいなど、ご意見、ご要望もお待ちしております。


広告




<2級FP>

学科 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

2014年 ・1月 ・5月 ・9月

資産設計 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

(2014年) ・1月 ・5月 ・9月

個人資産 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

(2014年) ・1月 ・5月 ・9月

生保顧客 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

2014年 ・1月 ・5月 ・9月

<3級FP>

学科 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

個人資産 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

協会実技 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・(9月)

FP試験研究所に記載されている、ファイナンシャル・プランニング技能検定3級、ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級の問題は、きんざい及び日本FP協会が発表しているものです。

 
 

解答解説更新・修正情報

・2017年1月15日:(資産設計)2級FP 2016年9月実施/解答解説追加
・2016年12月21日:(個人資産)3級FP 2016年9月実施/解答解説追加
・2016年12月17日:(学  科)3級FP 2016年9月実施/解答解説追加

 
 

 



Research Artisan




Research Artisan

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit