クイックテキスト動画2級FP[学科編]/6つの係数

当サイト掲載の過去問は、金融財政事情研究会と日本FP協会の発表を基にしております。

金融財政事情研究会≫  日本FP協会≫

当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】

【お知らせ】2018年3月から、これまで更新できていなかった、2017年9月、2018年1月の解答解説を作成しています。現在は空白ページを設置する準備段階です。

 

 クイックテキスト動画は、過去問をベースとした教材です。2014年1月から出題された選択肢を分野や単元ごとに振り分け、選択肢の文言をそのまま解説として利用しています。

 過去問の選択肢そのままですので、どの単元がよく出題されているか把握しやすく、余分な知識を全て省いた教材と言えます。まったく勉強時間がなく出題された内容だけでも覚えておきたい方、最後の知識整理をしたい方向けだと考えています。

 聞いて覚えることも視野に入れ、選択肢はすべて読むようにしております。文章と動画(音)を合わせてご利用ください。

 適切な選択肢は解説として、不適切な選択肢は「間違えを見つけよう」という練習問題として構成しています。

 通勤時などは動画(音声)のみで、ご自宅などでは文字情報と動画(音声)と合わせて学習を進めてください。

第1章 ライフプランニングと資金計画

3 ライフプランニングの方法

 

動画準備中

 
 

適切な選択肢で知識を整理しよう!

 

(1) 6つの係数

  1.  現在手元にある資金を一定期間、一定の利率で複利運用した場合の将来の元利合計額を試算する際、現在手元にある資金の額に乗じる係数は、終価係数である(2014.9問3)。
  2.  一定の利率で複利運用しながら一定期間、毎年一定金額を受け取るために必要な元本を試算する際、毎年受け取りたい金額に乗じる係数は、年金現価係数である(2016.5問2)。
  3.  一定の利率で複利運用しながら一定期間、毎年一定金額を積み立てた場合の一定期間後の元利合計額を試算する際、毎年の積立額に乗じる係数は、年金終価係数である(2016.5問2)。
  4.  一定の利率で複利運用しながら将来目標とする額を貯めるために必要な毎年の積立額を試算する際、将来目標とする額に乗じる係数は、減債基金係数である(2014.9問3)。
  5.  一定の利率で複利運用しながら一定期間後に目標とする額を得るために必要な毎年の積立額を試算する際、目標とする額に乗じる係数は、減債基金係数である(2016.5問2)。
  6.  一定の借入額に対して利息を含めた毎年の元利均等返済額を試算する際、一定の借入額に乗じる係数は、資本回収係数である(2014.9問3)。

 

〇間違いを見つけよう

 

  1.  現在保有する資金を一定期間、一定の利率で複利運用した場合の将来の元利合計額を試算する際、保有する資金の額に乗じる係数は、現価係数 である(2016.5問2)。
  2.  毎年の積立額を一定期間、一定の利率で複利運用した場合の将来の元利合計額を試算する際、毎年の積立額に乗じる係数は、年金現価係数 である(2014.9問3)。
    1.  
       

      当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】
      金融財政事情研究会 ≫
      日本FP協会 ≫

      ファイナンシャル・プランニング技能検定
      解答・解説

      1級FP解答解説
      2級FP解答解説
      3級FP解答解説
      おすすめFP教材
      おすすめFP講座
      FP求人
      WEBテキスト
      FPリンク集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です