WEBテキスト3級FP/第1章 FPの職業倫理と関連法規(2)

当サイト掲載の過去問は、金融財政事情研究会と日本FP協会の発表を基にしております。

金融財政事情研究会≫  日本FP協会≫

当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】

【お知らせ】2018年3月から、これまで更新できていなかった、2017年9月、2018年1月の解答解説を作成しています。現在は空白ページを設置する準備段階です。

第1章 FPの職業倫理と関連法規

【2】 FPの関連法規

FPは弁護士法や税理士法などの関連法規を遵守することが求められる。
×(抵触する)、◯(抵触しない)
 
1 税理士法
× 確定申告書を代行して作成する。
◯ 一般的な税法について説明する。
 
2 保険業法
× 保険募集人の登録なしで、保険の販売をする。
◯ 保険商品の特徴や活用方法を説明する。
 
3 弁護士法
× 具体的な法律解釈に基づくアドバイスや遺言作成をする。
◯ 一般的な法律の説明をする。任意後見人になる。
 
4 宅地建物取引業法
× 不動産の売買や賃貸借の仲介をする。
◯ 一般的な不動産取引について説明をする。
 
5 社会保険労務士法
× 行政機関に提出する申請書を作成する。
◯ 年金の受給見込額を試算する。
 
6 司法書士法
× 訴訟代理や法律事務を行う。
◯ 一般的な法律の説明をする。

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】
金融財政事情研究会 ≫
日本FP協会 ≫

ファイナンシャル・プランニング技能検定
解答・解説

1級FP解答解説
2級FP解答解説
3級FP解答解説
おすすめFP教材
おすすめFP講座
FP求人
WEBテキスト
FPリンク集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です