2級FP過去問解答解説【2021年1月】学科

2級FP過去問解答解説

2021年1月に実施された、2級FP(ファイナンシャルプランナー)試験の過去問(学科)解説一覧と試験結果です。FP講師で、CFP®認定者が解説しています。法令基準日をご確認の上、解答をご覧ください。過去問解説をご参考に、得点できる問題、捨ててもいい問題を見極め、頻出度の高い内容から取り組み、効率的な学習を心がけましょう。

2020年1月実施
学科

2021年1月24日に行われた学科試験の過去問解説です。他の科目の解説をご覧になりたい方は、上部のメニューよりお選びください。また、試験問題は試験実施時の問題そのままであり、その都度法改正等に対応した改訂はしておりませんが、更新時に解説を一部修正しております。

[2020年10月1日基準]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会


試験結果:2021年1月

きんざい

科目申請者数受検者数合格者数合格率
学科70,40750,86511,91623.42%
個人資産
相談業務
29,71720,9357,53836.00%
中小企業
資産相談
2,1291,6281,04464.12%
生保顧客
資産相談
27,16418,1759,98954.96%
損保顧客
資産相談

日本FP協会

科目申請者数受検者数合格者数合格率
学科34,34926,43711,63844.02%
資産設計
提案業務
30,23622,47415,95871.01%

技能検定とは

  • 実施団体は、日本FP協会と金融財政事情研究会(きんざい)の2団体がある。
  • 技能検定は国家資格で、1級・2級・3級がある。
  • 各級に学科と実技がある。
  • 日本FP協会では、上記の資格のほかに、民間資格のAFPとCFP®がある。
  • 技能検定は更新不要だが、AFPとCFP®は更新が必要である。
  • 日本FP協会、きんざいどちらを受けても、AFPの受検資格を得られる。
  • 合格するとファイナンシャル・プランニング技能士を名乗ることができる。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました