2級FP 2017年1月 問題32

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 32
所得税における各種所得の金額の計算上、控除される金額に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、所得に係る収入金額については、いずれも最小限控除される額を超えているものとする。

  1. 利子所得の金額の計算上、収入金額から控除される金額はない。

    [解答解説] ○
    多くの所得は費用等で控除できるが、利子所得にはない。

  2. 給与所得の金額の計算上、収入金額からその収入金額に応じて計算される給与所得控除額が控除される。

    [解答解説] ○
    給与所得は、給与収入から給与所得控除を引き求め、さらに所得控除を引くことで課税給与所得を求めることができる。

  3. 退職所得の金額の計算上、収入金額からその収入金額に応じて計算される退職所得控除額が控除される。

    [解答解説] ×
    退職所得控除額は、勤続年数に応じて異なる。

  4. 公的年金等に係る雑所得の金額の計算上、収入金額からその者の年齢と収入金額に応じて計算される公的年金等控除額が控除される。

    [解答解説] ○
    公的年金等控除額は、65歳未満と65歳以上で異なり、収入金額に応じて計算する。

[解答] 3
[補足]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
Loading...