(資産設計)2級FP 2017年5月 問7

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問7
下記<資料>は、大久保さんが購入を検討している新築一戸建ての広告(抜粋)である。この広告の内容等に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)□□線××駅からこの物件までの道路距離は、640m超720m以下である。

    [解答解説] ×
    徒歩1分につき80mであり、1分未満は切り上げとなる。そのため徒歩8分は、徒歩7分1秒から8分となり、560m超640m以下が道路距離となる。

  2. (イ)「新築」と表示することができるのは、建築後1年未満で、一度も居住の用に供されたことのない物件である。

    [解答解説] 〇
    建築後1年以上になると一度も居住の用に供されていなくても中古となる。

  3. (ウ)この物件を購入する場合、通常、宅地建物取引業者であるTK不動産に、媒介業務に係る報酬(仲介手数料)を支払う。

    [解答解説] 〇
    媒介は一般的に売主も買主も上限額まで仲介手数料が発生する。

  4. (エ)スーパーマーケット等の商業施設を広告に表示する場合、物件までの道路距離を明示することとされている。

    [解答解説] 〇
    デパート、スーパーマーケット、商店等の商業施設については、現に利用できるものを物件までの道路距離を明示して表示される。

[解答] (ア)× (イ)〇 (ウ)〇 (エ)〇
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
Loading...