3級FP過去問解説(学科)2016年1月【6】生命保険契約者保護機構

(6)

銀行の窓口において加入した個人年金保険は、生命保険契約者保護機構の保護の対象とはならない。



[正解]  (不適切)

[解説]

銀行の窓口において加入した個人年金保険は、生命保険契約者保護機構の保護の対象とはならない


国内銀行の窓口において加入した個人年金保険は、生命保険契約者保護機構による補償の対象である。生命保険契約者保護機構は保護機構の会員である保険会社が破綻した場合の救済制度であるため、販売経路は関係ない。銀行は保険代理店なので、契約は銀行の窓口で行っていても、契約自体は保険会社と締結している。補償内容は契約の種類(生命保険、火災保険、自動車保険など)によって異なる。
また預金保険制度の対象金融機関に保険会社は含まれておらず、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などが対象となる。当座預金や利息の付かない普通預金などの決済用預金は全額保護され、利息の付く普通預金や定期預金、元本補補てん契約のある金銭信託、保護預かりのある金融債などは1金融機関ごとに預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護される。外貨預金などは保護の対象外となる。
一方、投資者保護基金は、証券会社が、顧客の資産と会社の資産を分別管理せず破綻し返済が滞った時に補償される制度で、一人あたり1,000万円が上限となっている。投資者保護基金も生命保険契約者保護機構と同様、会員である証券会社が破綻した場合に、分別管理をせず返済できないと補償の対象となるが、銀行は会員になれないため、補償の対象外となる。
ここで「銀行で投資信託を購入するとリスクがあるのではないか」という疑問が生まれる。たとえば銀行で購入する投資信託には、証券会社との仲介業務として販売する投資信託と銀行が直接販売する投資信託とがあり、前者は投資者保護基金の対象となる。一方、銀行が直接販売する投資信託を購入した場合、購入した資金はその銀行の口座に入金する。この時点で預金保険制度の対象となる。その後、投資信託を購入すれば名義が自分のものとなるため、銀行名義の投資信託とは別に管理されていることになる。金融庁によると、現金を営業担当者に渡した状態で破綻した場合などは対象となるが、現在ではあまり考えにくいとのこと。
試験対策上、銀行窓口で加入した保険は生命保険契約者保護機構による補償の対象だが、銀行で購入した投資信託は投資者保護基金の補償の対象外であることを覚えておけばよい。


[要点のまとめ]

<生命保険契約者保護機構>
生命保険会社が破綻した場合、生命保険契約者保護機構は資金援助等を行うことにより、保険契約者の保護を図る。生命保険契約者保護機構は、保険業法に基づいて平成10年(1998年)12月1日に設立・事業開始した法人であり、国内で事業を行う全ての生命保険会社が会員として加入しているが、共済・少額短期保険業者・特定保険業者等は生命保険契約者保護機構の会員ではない

保険の種類補償割合
生命保険破綻時点の
責任準備金の90%
自賠責保険100%
地震保険
自動車保険80%
破綻後3ヶ月100%
火災保険
短期傷害保険
海外旅行傷害保険
年金払積立傷害保険90%
その他の
疾病・傷害保険

銀行窓口で加入した保険は生命保険契約者保護機構による補償の対象だが、銀行で購入した投資信託は投資者保護基金の補償の対象外である。

[確認ノート]

<生命保険契約者保護機構>
生命保険会社が破綻した場合、生命保険契約者保護機構は資金援助等を行うことにより、保険契約者の保護を図る。生命保険契約者保護機構は、保険業法に基づいて平成10年(1998年)12月1日に設立・事業開始した法人であり、国内で事業を行う全ての生命保険会社が会員として加入しているが、(   )(   )保険業者・特定保険業者等は生命保険契約者保護機構の会員ではない。

保険の種類補償割合
生命保険破綻時点の
責任準備金の(   )%
自賠責保険(   )%
地震保険
自動車保険(   )%
破綻後3ヶ月100%
火災保険
短期傷害保険
海外旅行傷害保険
年金払積立傷害保険90%
その他の
疾病・傷害保険

銀行窓口で加入した保険は(   )による補償の対象だが、銀行で購入した投資信託は(   )の補償の対象外である。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
Loading...