2級FP 2014年 9月 第28問

一般的なコール・オプションのプレミアム(オプション料)の決定要因に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

1原資産価格が上昇すれば、オプション・プレミアムは低くなる。
2権利行使価格が高いほど、オプション・プレミアムは高くなる。
3満期までの残存期間が長いほど、オプション・プレミアムは低くなる。
4ボラティリティが上昇すれば、オプション・プレミアムは高くなる。

解答 4

1×原資産価格が上昇すると、コール・オプションプレミアムは高くなるが、プット・オプションのプレミアムは低くなる。
2×権利行使価格が高いほど、コール・オプションのプレミアムは低くなり、プット・オプションのプレミアムは高くなる。
3×満期までの残存期間が長いほど、オプション・プレミアムは高くなる。
4適切。ボラティリティとは価格変動の激しさのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...